スマホと禁煙の関係

多田道太郎著「しぐさの日本文化」で、レストランで料理の出る間などにむやみにタバコを吸うのは日本人の癖だと書かれていた。 そのしぐさは、対人緊張をさける日本人の「はにかみ」の表れだという。 このタバコの話を読んでいて、僕はふと、手元のスマホに…

「送り火」高橋弘希 2018年 第159回 芥川賞受賞

日本では、非情な暴力を目の当たりにし、後の記憶に残り続けるほど心にショックを受けるような経験を、中学校時代までにする人も少なくないのではないかと思います。 ランドセルを降ろし、学生服を身にまとう頃にはもう、大人とかわらない質の暴力に遭遇して…

"一本締め"とか"三本締め"、この時代、嫌じゃないですか?

「それではお手を拝借~、よ~おっ」 サラリーマンならお馴染みの飲み会の席での"締め"。 3本締めはこうとか、1本締めと1丁締めの違いは何かとか、、、 なんだか古くないですか?わざわざみんなで起立して面倒だし。寝てる人いるし。 「よ~おっ」って…

湯を沸かすほどの熱い愛(映画)

涙 ★★★★ 母性愛 ★★★★ 悲しんでる姿でも苦しんでる姿でもなく、ただ必死になっている姿を見せられたとき、人は感動をおぼえるんだということを改めて感じさせられた映画でした。 末期がんを宣告された母親役の宮沢りえさんの演技は、視聴者だけでなく、共演者…

四大欲求

誰もが観客(受信者)としてだけではなく、プレーヤー(発信者)にもなった時代。 情報の出し入れをすることは、食事と排泄をくりかえすのと同じように、日常の習慣となった。 あらゆる情報がたくさんはいってきてしまう現代では、そうやって、断片的に脳に…